入れ歯について

「入れ歯」と聞いて、どんなイメージをお持ちでしょうか? 痛い、うまく咬めない、付け心地が悪い、見た目が気になる――すでに、こうしたお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか? 神戸市灘区の「おおいし歯科クリニック」は、患者様お一人ひとりに合わせた丁寧な入れ歯(義歯)治療により、“よくある入れ歯のお悩み”を解決します。

入れ歯の種類

入れ歯には「部分入れ歯」と「総入れ歯」の2つのタイプがあります。そのなかで、それぞれに異なるタイプや素材があるのをご存知でしょうか? それぞれの入れ歯の特徴を把握して、ご自分に合った入れ歯を私たちと一緒に選んでいきましょう。

部分入れ歯 部分入れ歯
  • 歯を部分的に失い、ブリッジが作製できない場合に用いられます。
  • 保険診療なら安価に作製できます。
  • 自費診療で作る場合は、見た目がよく装着時の違和感が少ないものを作ることができます。
  • 固定するための金属(クラスプ)がないタイプもあります。
総入れ歯 総入れ歯
  • すべての歯を失った場合に用いられます。
  • 保険診療なら安価に作製できます。
  • 自費診療で作る場合は、素材やタイプの選択肢が豊富になり、見た目や付け心地のよい入れ歯を作ることができます。

「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」の違い

保険診療で入れ歯を作ると、費用を安く抑えられます。しかし毎日美味しく食事をしたり、楽しく会話をしたりするには、使い心地のよい入れ歯が欠かせません。こちらでは、「保険の入れ歯」と「自費の入れ歯」の違いについてご紹介します。

  保険診療 自費診療
 
人工歯の素材 レジン(歯科用プラスチック)
  • 保険診療の素材の中では、もっとも本物に近い見た目を再現できます。変色しやすく、強度に欠けます。
硬質レジン・セラミック
  • 光の透過性が高く、自然な見た目です。他の天然歯に合わせ、色や質感を微調整できます。
義歯床の素材 レジン(歯科用プラスチック)
  • 強度に欠けるため、分厚くなります。それゆえ安定しづらく、異物感を強く感じる方もいます。
金属・シリコン・ビニール系樹脂
  • 薄くても強度があるので、装着してもほとんど違和感がありません。
見た目
  • 素材が限られているので、色や形、バランスが不自然になることがあります。部分入れ歯の場合、金属のバネ(クラスプ)が見えることがあります。
  • 豊富な素材で、一人ひとりの天然歯の色や質感に合わせることができ、見た目の不自然さがありません。周囲から入れ歯だと気づかれにくくなります。
付け心地
  • 素材の性質上、食べ物の温度や味を感じにくくなります。床が厚いために異物感が強く、口のなかが狭く感じます。
  • 吸着性がよく、歯ぐきにフィットします。咬んだ際の痛みがありません。床部分で食べ物の温度を感じやすいのが特長です。
費用
  • 3割負担が一般的です。治療費を安価に抑えることができます。
  • 全額自己負担になります。

「高額だから……」と自費診療で作る入れ歯を避ける方もいらっしゃいます。しかし長い目で見れば、自費診療の入れ歯のほうが「咬み心地がとてもよい」「審美性が高い」などのメリットが多数あるのも事実。最終的にお選びになるのは患者様ですが、料理をおいしく食べたり、痛みや違和感なく使用したりしたい場合は、自費診療の入れ歯がおすすめです。

ノンクラスプデンチャー

~審美性の高い部分入れ歯~

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、固定するためのクラスプ(金属のバネ)を使わない部分入れ歯です。金属の代わりに歯ぐきの色に近い特殊な樹脂を使っているため目立ちにくく、快適な着け心地です。

ノンクラスプデンチャーのメリット

当院の義歯床素材

付けているのを忘れるほど自然な感覚

歯ぐきや上顎に入れ歯を吸着させる部分を「床」といいます。床の部分に金属を使用すると、入れ歯を薄く・軽くできるだけでなく、食べ物の温度を感じられるなどのさまざまなメリットがあります。当院では、床に使う素材を患者様にお選びいただくことが可能です。

コバルトクロム床

コバルトクロム床

現在もっとも使われているスタンダードな素材です。保険診療の入れ歯の約3分の1の薄さで作ることができるうえ、高い耐久性があります。金属床のなかでは比較的低価格な素材です。

チタン床

チタン床

人工関節などにも使われている、生体親和性が高い素材で、身体にやさしいという特長があります。たいへん軽く丈夫なため、金属床のなかでもっとも薄い義歯床が作れます。金属アレルギーのリスクもあまりありません。

ゴールド床

ゴールド床

加工性が高く、非常に精密な入れ歯を作れます。ほどよい弾力があるため安定性が高く、装着感が自然で、腐食による変色が起きません。価格は3つのなかでもっとも高くなります。金属アレルギーの心配が少ない素材です。

入れ歯や治療についてご不明な点は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

「入れ歯が合わない」とお困りの方は、当院へご相談ください 神戸市灘区・東灘区・中央区 おおいし歯科クリニック 電話予約はこちら 078-805-3777